煉獄篇:01


「来たか、キリィ。私は8番目に作られしK、キョウヤである」
何かずれを感じる。
「我々に与えられた任務を君に伝える、神の…
銃を突き付けキョウヤの言葉を遮る。
君は私の知るキョウヤとは違う、君はなんだ。
「そうか、君にとっては二度目若しくはそれ以降なのか」
キョウヤは瞼を閉じ腕を組んだ。
「私にとってはこれが初めての接触である」
瞼を開いても瞳は私を捉えていなかった。
黒い眼球は動く気配さえしなかった。
「君が最初に会った私は違う軸の私だろう」


 

煉獄篇:02


「ここは稼働していない。魂と呼べるものは失われてしまったからだ」
知りたいことは他に幾らでもある。
「そう思うのも仕方ないだろう、だが私は続ける。それが役割だからだ」
キョウヤは口以外を動かすことなく同じ調子で喋り続ける。
光の無い瞳は何処か遠くを見ている様に思えた。
「さて、先ずは声を思い出してもらおうか」
声、とは。
「最初は独りだったが今は違う、我々は隔たれているのだ」
「それは知っている」
空気を振動させ口から音を出す、何も難しいことはない。
「続けて思いだせ、我々が独りだった記憶を」


 

煉獄篇:03


思い出す。
思い出すだけ。
我々は神だ、すべてを管理する神、だった。
疲弊し、失敗し、そして……
「やはり多くは思い出せないか」
知っていたような口ぶりだった。
「神は自らを引き裂き我々を創り出した」
言葉を選んでいるのか、キョウヤはゆっくりと喋る。
「我々に課せられた任務は世界の維持と管理だ」
キョウヤの声が聴こえにくい。
私は何かを思い出せない、それで全てが……


 

煉獄篇:04


キョウヤは何かを喋り続けている。
音を拾えるだけで意味が入ってこない。
正体の分からないぼやけた記憶が次々と現れる。
処理が追い付かない。
目が霞む。
私は……
神は……
「キリィ!」
キョウヤの声で引き戻される。
「神域に戻るにはまだ早い」
煉獄は静寂そのものだった。


 

煉獄篇:05


私は何を為すべきなのか。
「煉獄を再稼働させる、私がここにいる理由でもある」
キョウヤの説明は長かった。
再稼働には神の魂が必要。
砕かれた旧い神々の魂は完全に消滅していない。
機会をうかがい、身を潜めている。
旧神を糧に旧神を浄化する。
浄化で神の力のみを抽出し取り込む。
分割された神ではなく、独立した神々になること。
代理ではなく正規の管理者になること。
我々の神に永遠の安息を与えること。


 

煉獄篇:06


説明は終わる気配がない。
「君が煉獄を再起動させる任務に就いていることは分かった」
キョウヤの言葉をさえぎって問う。
「私が為すべきことを君は知っているのではないか」
「魂の回収だ、しかし急ぐ理由は無い」
声の調子は変わらないが、キョウヤからいら立ちの様なものを感じた。
「我々は神が残した『螺図慧宇の書』に記された通りに動けばよい」
取り出した本を片手にキョウヤは続ける。
「この書によれば、旧神が現れるのは約二十億年後とされている」
開かれたページを覗き込んだが私には読めなかった。
「急ぐ必要はない、時間はいくらでもある」